第1回 「実行型組織シンドロームとは?」

こんにちは。エルブレーントラスト株式会社 代表取締役 森本尚樹です。
当社が得意とする事業分野は売上向上、新商品創出、新事業創出などです。
本コラムを執筆している時点で弊社は12期目を迎えましたが、おかげさまでこれまですべてのクライアントで成果を上げることに成功しています。

 

当社のクライアントは売上高10億円以内の中堅・中小企業から、売上高1000億円を超える大企業までさまざまです。
また事業分野も食品メーカーから電気機器メーカーまでバラエティに富んでいます。
ではなぜ当社はさまざまな分野、さまざまな規模のクライアントに対応でき、
しかもコンスタントに成果を上げることができるのでしょうか?

 

その秘密は当社独自のコンサルティング手法である「プロジェクティング」にあります。
そしてこの手法は決して難しいものではありません。
このコラムを最後までお読みいただければ、御社でも必ず実践可能な方法だとご理解いただけるものと思います。

 

このコラムではそのノウハウを公開させていただきます。
さて、このコラムをお読みの方は、こんなことを感じたことはございませんでしょうか?

 

□ 社員や部下は言われたことを言われた通りにしかやらない
□ 組織全体にやる気が感じられない
□ 社員や部下から積極的な提案が何も上がってこない
□ 何年も会社の柱になるような新製品や新事業がでてこない
□ 会社の成長や売上にやや翳りが見えてきた

 

上記のような症状はある企業病の初期症状なのです。
この企業病を私どもは「実行型組織シンドローム」と名付けました。
上記のような症状がある場合、これを放置すると会社はやがて衰退をはじめる危険性があります。

 

第2回 「御社は実行型か?戦略型か?」に続く